禅宗のお坊さんの行儀が良くて感心しました

禅宗のお坊さんがお経を読みに自宅に来てくれました。

お坊さんって年配のイメージでしたが、若い方で驚きました。

背が高く背筋が真っすぐで体育会系の印象、かっこいい。

近くで見ると色が白く、とても整ったお顔をされています。

今日で顔を合わせるのは3回目になりますが、葬式のときは颯爽と現れて非常に生き生きした声でお経を読んで帰っていかれました。

私はその印象から活発でよく話す人なのかなと思い、自宅に初めて来たとき緊張しました。

話すのが苦手な私はいろいろ聞かれるのかな?なんて思ったのですが、お茶を出してこっちが何も話さないでいると、お坊さんは無言です。

両親が話しかけると、ようやく口を開いたのですが、大人しくて真面目な受け答えで、自分からは話しかけてきません。

1回目で緊張していたのもあると思いますが、意外と大人しい人なんだと思いました。

そのお坊さん、和菓子を袋付きで渡したときの食べ方が非常に美しい。

綺麗に食べた後、袋を細長く折って結んで「ごちそうさまでした!」と言いながら手を合わせました。

私は、感心しました。

さらには和菓子の袋を持って帰られたことにも感心し、次会った時、どんな生活をしているのか聞いてみたいと思いました。

それで今日、「普段どんなものを食べているのですか?」と聞きました。

おかゆや自給自足の野菜がほとんどで、1年に6回しか豆腐を買わないそうです。

お肉も1年で4回しか食べず、野菜が基本。

お酒もお茶も飲まず、お水を飲みます。

「苦しくないのですか?」と聞くと、9歳でお寺に入ってからずっとこの生活を続けているのでもう慣れているとのことでした。

もちろん、ふさふさまつ毛美容液なんて使ったことはないんでしょうね。