頑張りすぎない生活スタイル

つい最近、仕事の量が急に増えました。

週に2日だけですが、長いシフトの時があります。

そのため、休みの日は子供の用事を足しに行ったりと、休まる暇がありません。

そのような状況が続いているので、家の中が散らかっていることが多くなりました。

主人や子供たちは、多少散らかっていても文句を言わないので楽に感じます。

もし私が、そこで頑張ってしまうと、きっとそれがストレスになって、怒ってしまうような気がします。

そのため、気分に余裕がある時に、まとめて掃除などをして過ごすようにしています。

あと1カ月もすれば、色々余裕が出てくると思いますので、頑張りすぎないで生活したいと思っています。

週に2回休みがあるのですが、その時はちょっと手の込んだ料理をするようにしています。

なかなか仕事から帰ってきてからとなると、簡単なものしか作る気にならないので、休みの時ぐらいは美味しいものを作りたいと思っています。

土日などはとても忙しいので、帰ってきてからちょっと横になって、家事などをしています。

横になることで気分もリフレッシュできますので、頑張らないといけないという気持ちが生まれます。

そして、休みの前の日は、お酒を飲むのが楽しみの一つです。

主人と一緒にそれほど会話がないですけど、幸せだと感じています。

子供たちはジュースを飲むという感じです。

休みはちょっとお出かけして、アイスを買って食べています。

無駄遣いなのはわかっていますけど、アトピー性皮膚炎でも使える化粧水と昼ご飯を節約しているので、そのぐらいは大丈夫と考えています。

これからもそのような生活スタイルで、頑張りすぎないで暮らしていきたいです。

 

 

私の吹き出物の予防法

私は吹き出物を予防するために、毎朝、果物を食べるようにしています。

季節の旬の果物をできるだけ摂取するようにしていますね。

食事でフルーツを食べるようになってから、肌を褒められるケースが多くなり、生理前でも吹き出物が現れなくなりました。

便秘が治ったのも、吹き出物が発生しなくなった一つだと考えられるかもしれません。

顔の他にニキビができやすいところは、背中でした。

背中は目が届かない場所なので、背中にできたニキビには、中々気づかないことも多いですよね。

でも、背中のニキビもきちんとケアをしないと、ニキビ跡になってしまいますから注意が必要です。

ちなみに、顔にできたニキビが炎症を起こして膿んでいる場合、顔を洗おうとした時などにちょっと触っただけで、潰れてしまうことがあります。

そのため、ニキビが膿んで炎症を起こしてしまったら、どんなに気になっても指で触ったりすることは絶対に辞めた方がいいです。

なぜなら、触ると潰れてしまうのもありますが、そこから雑菌が指から入ってしまい、もっと炎症がひどくなる可能性があるのです。

私の母親もニキビが多かったそうですし、私も中学生の頃からニキビと赤ら顔に悩まされてきました。

そのため、大人になった今はニキビケアとともに、顔の赤み消す化粧品を使っています。

そして私の5歳になる娘も、すでに鼻周りの毛穴に角質がつまり始めています。

遺伝とは恐ろしいもので、彼女も必ずニキビ肌になりそうです。

そんなニキビケアに、重曹が効くとある雑誌に取り上げられていました。

重曹は弱アルカリ性なので、油分を分解する性質を持っているそうですね。

そのため、洗顔料に重曹を混ぜたもので洗顔すれば、毛穴の汚れや角質のお手入れができ、ニキビを改善してくれる可能性があるというのです。

ただし、重曹での洗顔は研磨作用もあるので、肌を傷つける可能性もあるため、試してみる際には、十分に気を付ける必要がありそうですね。