アトピーとスキンケアの必要性

アトピー肌の場合は、乾燥に起因するかゆみが起こることが多いですよね。

なので、敏感肌、乾燥肌の人用の入浴剤を使用したり、保湿成分がたくさん入った化粧品を使うと良いです。

また、軟水で顔を洗ったり、体のケアを行なうのもオススメです。

軟水は肌トラブルが起きる可能性が少ないことから刺激に弱いアトピーの人にとっては、とても良いのです。

もっとも、アトピーにはスキンケアの必要性に疑問を感じている人もいます。

スキンケアを完全に排除して、肌そのものがもつ保湿力を守っていくいう姿勢なんだそうです。

けれども、メイクをする人はアトピーでもクレンジングだけははぶけません。

クレンジング後、すぐにケアをしてあげないとアトピー肌の乾燥が加速します。

そのため、自分の肌とよく向き合い、アトピー肌のケアをするようにしてください。

なお、テカテカしがちは肌の場合、水分が足りているような肌に見えますが、実際は潤い不足な状態というケースが多いです。

肌の潤い不足が肌に出ていないのは、テカリの目たつ肌は過剰な皮脂分泌がされているので、外的な刺激による乾燥は防げる傾向が多いためです。

ちなみに、私は頬の毛穴の開き具合が、歳をとるにつれて段々ひどくなってきました。

正面から顔を見た際に、穴がぽつぽつと目立ってしまうようになりました。

この毛穴を消したい、出来るだけ小さくしたいと思って、毎日のケアを行っています。

洗顔後に桜花媛BBクリームを使用し、パッティングをしていますが、ちょっとだけ引き締まってきたように思います。

完璧な化粧も悪くないですが、大切なのはやっぱり肌がそもそも持っている美しさだと思います。

いっつものように桜花媛BBクリームでスキンケアを行い、肌本来のポテンシャルを引き出し、近い将来は、すっぴんでも物怖じしない自信を持てたらいいなと思います。

 

 

ニキビ跡が消えないので気分が滅入ります

ニキビの症状が進むと、芯を持ったような感じで固くなり、触ると痛みを感じるといった症状になりますよね。

それに、ニキビが出来ると、つい何となくその箇所を確かめたくて触ってしまいたくなります。

でも、触ってしまうと、さらに雑菌が入って症状が長引いてしまうかも知れないので、ニキビケアのクリームなどでケアしながら、清潔に保つようにするのが良いようです。

私の場合は顔ニキビが出来てしまうと、ニキビ跡が消えないので気分が滅入ります。

ですが、肌の調子って腸内の調子と深く関係があるらしいので、腸内環境を良くしたら、意外ときれいになくなってくれるそうです。

まずは、腸内すっきり快便生活からはじめるために、りんごなどの食物繊維が多いものを食べて、不要なものを体外へ出すようにしましょう。

近頃、重曹がニキビケアに有効だという話をよくききます。

弱アルカリ性の重曹には油分を分解する性質があるため、重曹を混ぜた洗顔料で洗顔すれば、毛穴に詰まった汚れを取り、角質をケアすることができます。

また、重曹には、ニキビの症状を改善指せる効果が期待できるというのです。

ただし、重曹には研磨効果があるので、洗顔に使うと肌トラブルを起こす惧れもあるため、試す時には、注意しましょう。

ちなみに、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、お肌を刺激してしまうことがあるので、あまり飲まない方が安全です。

実際、ニキビと肌荒れはちがうものですが、お肌のために悪い事をすると、ニキビを悪化指せる原因にもつながることがあるのです。

世間ではニキビにヨーグルトはあまり良くはないとされたり、逆に良いとされますが、こういった情報の真偽は定かではありません。

ニキビ予防を行ったり、出来たニキビを正しく改善指せるには、正しい食生活を食べていくことが大事です。